・経営戦略の企画、立案、モニタリング
・事業戦略の企画、立案、モニタリング
・IT戦略の企画・立案・モニタリング、活用指南、診断、各種相談
・経営とITに関する講師、講演、執筆など

ITコーディネータ(ITC)とは

経営者の立場に立って、経営とITを橋渡しし、 真に経営に役立つIT投資を推進・支援するプロフェッショナルです。経営者の立場に立って、経営とITを橋渡しし、 真に経営に役立つIT投資を 推進・支援するプロフェッショナルです。

・ユーザー側に立ち、経営者の視点でユーザーのITに
 関する知識、能力にあった情報化投資の
 アドバイスをする。
・上流コンサルティングだけでなくシステム構築から
 効果確認まで一貫してサポートし続ける。
 などの役割を担います。

ITコーディネータの特徴

1.経営者の立場で話ができる
これまでシステムの専門家は経営面まではカバーしないことが多く、経営者の思いを十分に反映できないケースもありました。ITCは経営者の立場に立って、経営戦略に沿ったIT化をナビゲートします。
2.成功のプロセスを知っている
ITCは、経営戦略策定からシステム導入・運用まで一貫した「ITコーディネータプロセス」を習得しています。このプロセスに沿って、各企業の実情に合わせたビジネスモデルの構築や儲かるIT化戦略の実現・推進をサポート。
3.経済産業省推進の資格
ITCは、政府の「IT新改革戦略」を支える重要な人材として、経済産業省が推進する資格です。毎年の資格更新を義務づけており、常にサービス品質が保持されることで、高い信頼関係を確保しています。

ITCはIT経営化の全工程を一貫して支援

ITCは、「IT経営」の実現のために、 ユーザーの視点で、経営戦略からIT戦略、 IT調達、導入、活用までを一貫してサポート。

・ITCが従来の人材と違う点は、ユーザーの視点で経営戦略
 からIT戦略、調達、導入、活用までを一貫してサポート
 できることです。
・経営に役立つIT化を進めるためには、経営戦略から
 IT活用まで実施策の一貫性が重要です。
・ITコーディネータはこの5つのプロセス
 (ITCプロセス)を基本として、ユーザーの
 実情に合った的確な「IT経営」実現をサポートします。


ITの高度な利用・活用によって企業戦略を遂行し生産性の向上、競争力の強化を図ることを「IT経営」と呼んでいます。
※資料出典:「経営課題をITの利用・活用で解決します!!〜IT経営の実践〜」(経済産業省)

ページの先頭へ戻る↑